• 建築と不動産のスキルアップを応援します!

    #高力ボルト摩擦面 #ブラスト処理 #面粗度 #μmRz

    Q 高力ボルト摩擦面をブラスト処理する場合、( )μmRz以上

    A 50μmRz以上

    ショットブラストは鋼製の丸い粒、グリットブラストは鋼製の角ばった粒、サンドブラストは砂粒を吹き付けて、さびや汚れを取ったり表面をザラザラにします。そのザラザラ具合は面粗度(めんそど)といい、μmRz(マイクロメーターアールゼット)いう単位で表します。μ(マイクロ)とは10のマイナス6乗でμmとは百万分の1メートル。Rzは表面の粗さ(Roughness)のひとつの単位で、最大高さ(表面の平均高さから最も高い山の高さ+最も深い谷の深さ)で表します。接触式粗さ計では触針を使って、非接触式粗さ計ではレーザーを使って測ります。高力ボルト摩擦面をブラスト処理による場合は、50μmRz以上とされています(JASS6)。

    S造建築の入門はこの本で。
    ​​ゼロからはじめる「S造建築」入門 [ 原口秀昭 ]​​

    木造の基本を学ぶにはこの本。アマゾン一般建築書ランキングでも、たびたび1位になります。
    ​​ゼロからはじめる「木造建築」入門 [ 原口秀昭 ]​​

    RCの基本を学ぶにはこの本。
    ​​ゼロからはじめる「RC造建築」入門 [ 原口秀昭 ]​​

    建築基準法の入門ならこの本。
    ​​ゼロからはじめる建築の[法規]入門 第2版 [ 原口 秀昭 ]​​​

    ​建築基準法の建築士受験対策ならこの本​。
    ​​建築法規スーパー解読術 [ 原口 秀昭 ]​​
    ​​​


    コメント一覧

    返信2020年7月28日 2:15 PM

    横田英徳24/

    JISB0601が2013に改定され以前の10点平均粗さを示すRzはRzjisという記号になり、今のRzは以前のRy(最大高さ粗さ)を意味するようになっています。従って2018改定のJASS6で使われているRzはご説明の10点平均でなく、最高高さの方だと私は理解していますが。

      返信2020年8月8日 12:42 PM

      原田ミカオ24/

      情報ありがとうございます。修正しました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です